2013年11月26日

社会保険労務士会館に行ってみた

事務指定講習を受けるためには申し込まねばってことで申込書をもらいに全国社会保険労務士会連合会の所在地、日本橋の社会保険労務士会館へ行ってみた。そのものズバリな建物名だなー。目の前には日銀、近くには三越や三井タワー…えらくご立派な場所ですね。渋谷人には縁がないすよ。恐縮ですよ。

迷うかなと思ったら全然迷わなかった。すごくわかりやすく看板出てるし。こういうとこで我らが国家資格社会保険労務士を市井にアピールしてくれるなんて連合会グッジョブ、と思ったが意外と人通りが無い。むしろ閑散としている。都心も度が過ぎると一般人を寄せ付けねーのかそれともこれも異次元の金融緩和とやらの余波なのか…日銀だけに。いやむしろ景気が良くなったら人で溢れるだろうと。待て、何を意味不明なことを口走っているんだと我に返る昼下がり。

会館に足を踏み入れてみたもののその小さなロビーには笑顔を振りまく受付嬢などおらず、ただ内線電話が置いてあるではないか。ああ社会人たるものここはきっちり来所した理由と要件を告げなくては。しかし受話器を持ち上げふと疑問がよぎる。わたしはどのフロアに用事があるのだろうか?このへんが自分のダメなところだ。ちゃんと何階にいかなきゃいけないのかくらい調べておくんだった。しかしだ、わからないことは聞こう。聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥である。まて、誰に聞くんだ?わたしはどこにいけばいいですかって誰に聞くんだ?なんなら誰かにどこに聞けばいいんですかって聞くか?ああもうだめだわけがわからない。わたくしはいったい誰だ?生命が地球に誕生した意味ってなんだ?

意味不明な独り芝居を繰り広げながらもよくよくそこに書かれた案内を読んでみたら一発で解決した。「どこに用事かわからない人は7階にかけてね(超意訳)」
親切極まりない案内に本日二回目のグッジョブを連合会に送るのである。イイネボタンあったら押してるわ。咳払いしながらいい声で要件を告げる。「わたくし事務指定講習の申込書を頂戴しに参ったのですが…云々」超いい声。我ながら超いい声だった。おそらく先方には将来有望で溌剌とした若者が来たと印象付けられただろう。7階に上がってきてくださいとのことだったので7階に向かう。一歩足を踏み入れると一斉に皆さんの視線が向けられた。まってそんな注目しないでわたしはただ申込書をもらいに来ただけなんですしかもなにそのいかにも変な奴が来たぞやべーぞみたいな視線こわいよ超こわいよ。ええ被害妄想です。
「じ、事務指定講習の…申込書を…」さっきの電話の声とはまるで別人である。しかもちょっとどもってるし。すると対応してくれた方の口から驚愕の事実が告げられたのである。いやまじで驚いた。わたしの想像を遥かに超えてた。

「ああそれは6階ですね」

ええええええええさっき7階来てって言ったじゃんっ。来てって行ったから来たんじゃんっ。まさかのカウンターパンチをもろにくらっていきなりHPが半分以下になったわ。確かにわたしはどこの馬の骨ともわからない怪しげな人物だけれどもそんな仕打ちって。すると一人の人物が助け舟を出してくれた。そう、まさに先ほど電話越しに話した方である。助け舟、渡りに舟、大船に乗るetc...どうして心強い時の慣用句は舟が多いのだろうか、と全く関係ないことを考えながらその方(舟さん・仮名)に案内されて後をついていく。「こちらです」と言いながら舟さんはおもむろに階段を下る。わたしも階段を下る。やっぱり6階じゃん。なぜこんなプロセスを経るのか必死に考えてみたところ一つだけ思いついた仮説がある。まさか、6階には、エレベーターが止まらないんじゃないか??だって舟さんは階段使ってるもん。我ながらこの推理は的を射ていると思った。天才現る。

6階にて舟さんが事情を説明してくれる。しかし6階の人々も一斉にわたしに奇異な視線を向けるのである。わたしのHPはもうほぼ0に近い。確かにあなたがたはご立派ですよ。わたしなんかまだ事務指定講習も受けていないぺーぺーですよ。もしかしたら合格者とも思われてないかも。代理で取りに来ただけのナウなヤングと思われてたのかも。でもね、きっといつか一人前の社労士になって堂々とここに訪れたりするんですよ。だからそんな目で見ないで。や別にそんな目でなんて見てないんだろうけれど。被害妄想ここに極まれり。うん、どうみても職員の皆さんは真面目に業務をこなしてらっしゃる風でした。こんなわたくしめの些末な用事に付き合って頂きありがとうございました。申込書をもらい颯爽とその場を去る。

6階からエレベーターで1階に下りようとしてボタンを押したときにわたしは気付いてしまった。この階…普通にエレベーター止まるじゃねえかよ…
日本橋の空は青かった。
posted by 桜 at 16:08| Comment(0) | 事務指定講習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。