2013年12月04日

申し込んだった

間に合った。間に合ったよ。滑り込みとかじゃなくて余裕で間に合ったよ。事務指定講習に申し込んで来たよっ。前回の記事書いた勢いのまま走って郵便局行ってきたよっ。(若干盛った。良くて早足)
行って来たのは渋谷郵便局。たぶん渋谷で一番でかい郵便局。でかいから行ったていうより単に近いだけだったりする。宮益坂の中腹あたり。この坂も、実に走りたくなる坂である。

事前にちゃんとおろして来た7万円を握りしめて順番を待つ。これで70回まともなランチ食えるなあ、時給1000円で70時間分だなあ、高校時代バイトしてた田舎のコンビニの時給は650円だったなあ、高校時代って自分が何にでもなれると思ってたなあ、あの頃の全能感は異常だったなあ、等と考えながら順番を待つ。刻々と番号札の数字が近づいてくる。幾つかあるカウンターのうち右から二番目のお姉さんのカウンターに呼ばれたら今日はデザート買っていい、という自分ルールを作って待つ。子供か。

さほど時間も経たないうちにわたくしの番号がコールされまして狙ったところとは別のお姉さんが優しく迎えてくれました。うんもうデザートいいやこっちのお姉さん良い笑顔だから。番号札と申込書を渡す。ねえお姉さん、これ社労士の事務指定講習の申込書だよ?国家資格だよ?とテレパシーを送りながらお姉さんの顔を窺う。事務的に7万円ですと言われる。もうこれでもかってくらい事務的。むしろ振込先なんて読んですらいないよね。知ってる知らない以前の問題だよね。いや、でもさ、お姉さんこっちをほんの少し上目遣いに一瞥してから金額言ったんだよね。その時になんとなく感じたんだよね。テレパシーのレスポンスを。ああ、全く社労士には見えないのにこの方は国家資格社労士の講習を受けられるのね、すらっとしてスタイルも良いし、その外見とは裏腹に意外と中身しっかりしてそうだし、憧れちゃうなあこういう人……7万円です。みたいな。参っちゃうねほんと。なんだようるせーな妄想すんのは勝手だろこのやろ

7万円、グッバイ。さようなら諭吉達。君たちのことは忘れないよ。(だいたい5万を超える買い物の時は必ず心の中で言ってる)
振り返ることなく立ち去ったけど振り返ったらお姉さんまだこっち見てたろうなーきっと。あのお姉さん来年社労士受けるだろうなー。まーた今日も見知らぬ人インスパイアしちゃった。罪だなあ。

で、はい、これが受領証だよ。
ryoshusyo.jpg
正確には「第33回労働社会保険諸法令関係事務指定講習受講申込書」の受領証だよ。漢字なげー。尋常じゃねー。勉強してる時から常々感じてたけど社労士に出てくる名前は漢字長すぎだからマジ。中学時代に連合国軍最高司令官総司令部で大騒ぎしてた自分が今やこんな文字数に対応してるとか胸熱。や、全然対応しきれてないんだけれども。大人になるって大変だね。しみじみ。

さて、申込みも済んだしまあこれで一段落かな。あとはいろいろ送られて来るの待つだけだあね。それまで皆さんごきげんよう。(と言った舌の根も乾かぬうちに記事を更新してそうな自分が容易に想像できてしまう。まあね、いいよね。)


━─━─━─━─━─

当ブログの半分は皆様からの応援で、残り半分はわたくしの優しさで構成されています。
有益だと思った方からディスりたい方まで、一日一回応援クリック押してくれるとモチベ上昇します。
ブログランキング・にほんブログ村へ
あざす。
ラベル:事務指定講習
posted by 桜 at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務指定講習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。